知名オーディオはなぜ音がいい?

良い音を追求した結果、コンパクトでシンプルな製品となりました
誰もが驚く知名オーディオの音の秘密についてご紹介します

音に包まれる感覚

スピーカーを上に向けたことで、音のバランスが変わらず、まんべんなく音が降り注ぐ

全指向性(無指向性)

スピーカーを上に向けたことで、音のバランスが変わらず、まんべんなく音が降り注ぐ

振動板の上面に取り付けられた円錐形のディフューザー(反射板)によって室内全体360度全方向に音が広がり、室内のどこでもステレオ効果が得られる。部屋全体がリスニングポイントとなり、聞く場所置く場所を限定しない。

円錐形のディフューザー

360度部屋全体がリスニングポイント

これまでの前向き(対面)スピーカーは音場をきれいに作ることが出来ません。低音・中音・高音すべての音が聞こえる(重なる)エリアが非常に小さく、音楽を聞く為に最適な場所が限定されてしまいます。

空気中の音の伝わり方 高音中音低音

通常のスピーカー

通常のスピーカー

わずかなエリアでしかすべての音を聞くことができない

当社の全指向性スピーカー

当社の全指向性スピーカー

どの場所にいてもすべての音が聞こえる

高音(ツイーター)の角度はわずか10度しかなく、ツイーターを36個設置したとしても同じ音にはなりません。

優しく自然に流れる本来の音

λ/八(八分のラムダ)

世界で初めて音の波長を設計の要素に取り入れ、f₀エフゼロ(共鳴周波数)の解放に成功しました。

λ(ラムダ)とは波長という意味です。知名オーディオは波長を設計要素に取り入れ、低音の再生を可能にしたスピーカーです。

20Hzの波長は17mありスピーカーのサイズとして現実的でない。 さらに、実際に再生する3次元空間、床、天井、壁から3面分の反射も含めると合計18dbも強調されてしまいます。そのため聴感上1/8波長が丁度よいと計算と実験から導き出しました。

八分のラムダ
20Hz出すには17m必要
20Hz(低音)の1波長の長さは17m
20,000Hz(高音)の1波長の長さは17mm

つまり高音から低音までカバーするには17mの長さのスピーカーが必要となる。ですが、3次元空間まで考えると8分の1、2.125mあれば十分再生することができます。

フルレンジでもっとも広い帯域の音を再生
直径8cmのスピーカー1個(フルレンジ)で低音20Hz~高音30,000Hzまでカバー

人の可聴域は20Hz~20,000Hzと言われています。 スピーカーは可聴帯域を再生する為に38cmもあるウーファー、中音のドライバー、高音のツイーター等複数のスピーカーを必要としましたが、わずか8cmのユニット1個で可聴帯域をカバーすることに成功しました。

それはソプラノやテノールの各パートを一人で演じるようなもので、一般的にスピーカー1個ですべての音域をカバーすることは限界があると言われています。 フルレンジで20Hzの低音を出すということは共振の影響を受けやすく、位相特性の劣化を招きやすい為到底不可能とされてきました。 知名オーディオは世界で初めてこの問題をクリアしたスピーカーです。

フルレンジ

・ ユニットを一つにしたことで位相のズレや音の劣化が少なく、音の定位感に優れています。
・ 機械的な合成や抵抗を排除したシンプルな設計の為、本来の自然な音を伝えることができます。
・ 忠実な音楽の再現ができる為、感覚的な不自然さまでも解消しました。

つまり本来理想とされるより「自然に」「より近い方法」で音を再生します

全ての音がしっかりと聞き取れる

電気溶接

ハンダを使わない独自の電気溶接アンプ

一般的に電気製品の部品の接続にはハンダを用いるが、ハンダを使わない「電気溶接」という弊社独自の手法で接合しています。 溶接することで同じ素材(銅線など)同士をつなぐ為、つなぎ目のない回路となる。 通電を邪魔しない為、電子回路を流れる信号のノイズが抑えられ、雑味のない透き通ったサウンドになります。

ハンダを使わない独自の電気溶接アンプ

電位差を0にすることで歪みをなくす

音声信号は交流の為、半田の影響をまともに受ける。 スピーカーを鳴らすにはとてつもない数の電子が移動する。電子はものすごく小さい為、半田付けすると異種金属の電位差が歪みとなって表れる。 例えば、基盤に使用される銅の電位は29個、半田に使用される鉛の電位は82個で、実に53個分の電位差が発生する。

半田付けを施した1点を例にとり、そこを2万Hzの信号が流れた場合(人の可聴帯域の一番高い音)、2万Hz=1秒間に2万回も電子が往復するため、どんどん半田の歪みが増える。 一般的にステレオの部品を半田で接合した個所は1,000ヵ所もあり、2万回×1,000=2000万回もの歪が一秒間に発生するが、溶接にすることで電位差を完全に0にすることができる。

溶接はハンダと比べて高温になる為、電子回路の接合には不向きであると言われていました。弊社ではこの問題を克服し1982年に溶接技術の製品化に成功しました。他社が導入していない知名オーディオ独自の技術です。

ラムダスピーカー

雑味のない透き通ったクリアなサウンド

ゆったりした弦楽器を使った音楽を眠れない時に聞くと、α波が出て眠くなる。 それは半田の歪が無い為、耳障りな音がいっさいしないからだ。

曲によってボリウムを変更する必要がない

半田で作られたステレオの音声信号は交流の為、微小信号(ピアニッシモ)が消えなくなる。 例えば「ラベルのボレロ」、出だしが聞こえにくい為、ボリュームを上げるが、そうすると曲の後半がうるさくなるのでボリュームの下げる。 これを溶接したステレオで聞くと出だしからはっきり聞こえ、後半も最後までボリュームを調節することなしにストレスなく聞くことが出来る。

小さな音もはっきり聞こえる

ボリュームを小さくしても音の細かなところまではっきりと再現することができるので、賃貸住宅や、寝室での利用などにもおすすめです。

ケーブル、スピーカーもすべて溶接接合

ケーブル、スピーカー、アンプ、電子回路部分はすべて溶接しています。 スピーカーとアンプはピアノとピアニストの関係と同じ。これらをセットで使用することが重要です。

電気溶接アンプ

気軽に高音質な音楽を楽しめる

様々な発想と工夫

パワーアンプはたった10W

効率のよく音を伝えることができる為、出力はわずか10W

ヒーターを装備

スピーカーにはそれぞれ電源がついています。ヒーターを付けて温めることでM0(エムゼロ)を1.4gにまで軽量化。 雨の日でも乾いたきれいな音を保つことができます。また、コーン紙には和紙を使うことで女性ボーカルの自然な質感も感じることができます。

軽量化

スピーカー筐体は強化プラスチック製、金属はキンキンして強すぎる、木は柔らかすぎる、様々な材料を試した結果軽量で丈夫な素材となりました。1本4kg弱(直径8cm×1m)ととても軽量で、逆さにして天井に設置することもできます。

デバイスを選ばない

アンプとスピーカーはピアノとピアニストの関係。知名オーディオのアンプとスピーカーをセットで使えばCDプレイヤーは数千円のもので十分楽しめます。 Youtubeやスマートフォンなどからの音も質を落とすことなく再生することができるので、手軽にハイクオリティな音楽を楽しむことができます。

TVやラジオも楽しめる

アンプには外部入力が4つついています。TV、ラジオ、DVD、PC、音楽再生プレイヤー、スマホなど切り替えて使用することができます。

本来理想とする設計で音を再生 だから感覚的な不自然さまでも解消し 正確な音の再現に成功した音響システム

シンバルのかすかな共鳴音、ヴォーカルの息つぐ瞬間、ピアノのハンマーが弦に触れる音 まるで目の前で演奏されているかのようにはっきりと聞こえる

デザインと機能が融合した究極の機能美

シンプルな
美しいデザイン

聞く場所を
限定しない

正確な生音の
再現

アンプには電源、ボリューム、セレクターのみのシンプルさ
わずか直径8cmの小さな振動板と円錐形のディフューザーを取り付けた細長いフルレンジのパイプ型スピーカー
固定概念をすべて取り去り、限界までシンプルさを突き詰めた結果生まれたデザイン
常識からかけ離れた独特の形状