コラム

開発秘話や愛用者のインタビューなどをご紹介します。 徐々に更新して増やしていきます。ご期待ください!

HOME > コラム > 商品開発の歴史 > 20才の記念に床を掘って作ったスピーカー

商品開発の歴史

20才の記念に床を掘って作ったスピーカー

20才の記念に床を掘って作ったスピーカー
どんなスピーカーでしたか?

口径10cmフルレンジのスピーカーを鳴らすために、自宅の床下に穴を掘って型枠を組みコンクリートを流し込んで作った。

地下を通し1階にホーンを付けた長さ7mのバックロードホーンスピーカーです。
アンプは自作のトランジスタアンプ

聞いてみた感想は?

同級生みんなが聞きにきた。

最初は「低音はすごいなー」と思った。
作った時は良かったが、後から欠点だけが目立ってきた。結局、中音・高音は早く、低音だけがのそっと遅れてきたから聞けなくなった。

地下に穴を掘って作ったから湿気がすごかった。 あと、スピーカーをコンクリートにつけてるからボロボロになりました。

『失敗しても成功する為の途中過程だから何回でも挑戦すればいい』

このスピーカー5.6年で壊すことになった。 今考えたらちょっとねー(笑)でもこれがあったから、現在の製品が完成しました。